下田通商株式会社 SHIMODA TRADING CO.,LTD. お問い合わせ
HomeNews会社案内製品情報・取扱メーカー採用情報


News Release / Product Topics 2017年9月25日
≪リニューアル製品情報≫
和信化学工業
水系顔料着色剤(屋内木部用)
アクレックス№3900ネオステイン
和信化学工業 水系顔料着色剤(屋内木部用)「アクレックス№3900ネオステイン」

その他の「木部塗料及び剥離剤」はこちら >>


はじめに
ネオステインは、木目をいかしながら鮮やかな着色塗膜を形成する、VOC1%未満の環境対応型屋内用水系着色ステイン塗料です。
透明性の高い樹脂と微粒子顔料を使用しており、鮮明で濡れ性に優れ、水系タイプでありながら、油性着色剤のような優れた作業性を持っています。
特長
  • 〇アクレッス№3900ネオステインは、目ハジキがなく、導管・木肌に対して鮮やかな『着色仕上げが出来る』インテリア木部全般に適した水系顔料着色剤です。
  • 〇T-VOC1%未満の水系塗料でさらに環境に配慮しました。
    水系だからイヤな溶剤臭も火災の心配もなく、安心してお使いいただけます。
  • 〇作業性が溶剤系なみに優れハケが固まりにくく塗りつぎムラになりにくく優れた作業性を確保。
  • 〇塗膜には防カビ効果があります。
  • 〇耐久性を重視した着色クリヤー仕上げにする場合の、素地着色剤としてもお使いいただけます。
  • 〇色数は全16色と豊富、各色との混ぜ合わせにより自由な色調を表現する事ができます。
用途

インテリア木部全般における着色

荷姿

14kg/3.5kg

塗布量

50g/㎡(2回塗り)

乾燥時間

一晩養生

うすめ液

豊富なカラーバリエーション(全16色)

豊富なカラーバリエーション
*カラーバリエーションは画像のため実際の色とは異なります。

改良前、改良後

施工工程例

工程 使用材料 塗布量目安 乾燥目安/20℃ 塗装用具
平面部 立面部
素地調整 P150サンドペーパーで研磨
素地着色 アクレックス№3900ネオステイン(各色)を塗布 50〜60g/㎡ 50〜60g/㎡ 1〜4時間以上 刷毛
下塗り アクレックス№3950ネオサンデングまたは
アクレックス№3960ネオクリヤー(各艶)を塗布
80〜100g/㎡ 50〜60g/㎡ 2時間以上 刷毛
*ネオクリヤーはローラー推奨
研磨 P320サンドペーパーで研磨
上塗り アクレックス№3960ネオクリヤー(各艶)を塗布 80〜100g/㎡ 50〜60g/㎡ 4時間以上 ローラー推奨
(刷毛でも可)

施工工程例(ステインしっとり仕上げ)

工程 使用材料 塗布量 乾燥時間 備考
素地調整 サンドペーパーで研磨 P150を使用
着色1回目 アクレックス№3900ネオステイン(各色)を塗布 50g/㎡ 3〜4時間/20℃ ハケを使用
着色2回目 アクレックス№3900ネオステイン(1回目と同色)を塗布 50g/㎡ 一晩養生 ハケを使用

施工工程例(着色クリヤー塗装/耐久性重視塗膜仕上げ)

工程 使用材料 塗布量 乾燥時間 備考
素地調整 サンドペーパーで研磨 P150を使用
素地着色 アクレックス№3900ネオステイン(各色)を塗布 50g/㎡ 3〜4時間/20℃ ハケを使用
素地着色 アクレックス№3900ネオステイン(1回目と同色)を塗布 50g/㎡ 4時間以上/20℃ ハケを使用
中塗り アクレックス№3400(各ツヤ)を塗布 80〜100g/㎡ 2〜4時間/20℃ ハケを使用
研磨 サンドペーパーで研磨 P320を使用
上塗り アクレックス№3400木部用ウレタン(各ツヤ)を塗布 80〜100g/㎡ 一晩養生 ハケを使用

*アクレックス№3900ネオステインはアクレックス№3050ステインフレッシュとの混合は出来ません。

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。



この製品に関するお問い合わせは、各営業所、あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。


ニューリリース・製品トピックス


下田通商株式会社 >>本社・営業所MAP >>お問い合わせ
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町5番7号  TEL 03(3661)3101 FAX 03(3661)3107