下田通商株式会社 SHIMODA TRADING CO.,LTD. お問い合わせ
HomeNews会社案内製品情報・取扱メーカー採用情報


News Release / Product Topics 2016年9月23日
≪新発売製品情報≫
日本ペイント
水性反応硬化形エマルション塗料
「水性ケンエースグロス」
 
新発売
日本ペイント 水性反応硬化形エマルション塗料 水性ケンエースグロス

その他の「内外装用塗料」は
こちら >>


発売日
2016年6月
はじめに
水性ケンエースグロスは、多機能タイプの環境配慮形水性つや有り塗料で内装・外装の各部位に塗装可能です。
特長

①優れた付着性

反応硬化形なので、各種旧塗膜への付着性に優れ、改修時にはシーラーレスでの塗装が可能です。(*)
また、優れた耐久性・耐水性を発揮します。
(*)壁面での健全な塗膜を想定しています。
   条件によっては、下地処理や下塗りが必要な場合があります。
   施工上の要点と注意事項をご参照ください。

②優れた仕上がり

隠ぺい性に優れ、作業性・仕上がりの両面を兼ね備えた高級品です。

③環境配慮形

低VOC塗料(TVOC1%以下)ですので、室内環境に配慮した水性塗料です。
また、臭気も少なく、安全にお使いいただけます。

④やに止め性

やに止め効果があるため、軽微なやにであれば抑制できます。
*「やに止めレベルの目安」をご参照ください。

⑤透湿性

塗膜には透湿性がありますので、膨れや剥離を抑制します。

⑥防藻・防かび性

藻やかびの発生を防止する効果があり、美観維持に役立ちます。
強力防かびタイプ、抗菌タイプもオプション付与が可能です。

⑦現場で、つや調整可能

水性ケンエースグロスと水性ケンエースを混合し、お好みのつやに調整できます。

用途
戸建住宅・マンション・商業施設など
臭気配慮が必要な内・外壁面の新設・改修塗装
内部および準外部の鉄部改修塗装
適用下地
新設適用下地:コンクリート・モルタル・石膏ボード・スレート板・けい酸カルシウム板などの
       各種素材
改修適用下地:上記各種素材面および鉄面の各種旧塗膜
容量・荷姿
塗料名 系統 容量 色相 つや
ニッペ
水性ケンエースグロス
水性反応硬化形
エマルション塗料
16kg
4kg
各色 つや有り
7分つや有り
5分つや有り
3分つや有り
塗装基準
塗装方法 はけ・ウールローラー・エアレススプレー塗り
希釈率 0〜10%
使用量 0.13〜0.15kg/㎡/回
1缶あたりの塗装面積 53〜61㎡/2回/16kg 13〜15㎡/2回/4kg
・つや有りの塗付け量は、0.12kg/㎡/回です。
・5分つや有り、3分つや有りの塗付け量は、0.10kg/㎡/回です。
・使用量:被塗装面単位面積あたりの塗装材料(希釈する前)の使用質量
・塗付け量:被塗装面単位面積あたりの塗装材料(希釈する前)の付着質量
・つや調整品では、タッチアップ塗装の際、施工方法によりむらを生じることがありますので、
 希釈率を増やし塗付け量を少なめに塗装を行ってください。
塗り重ね乾燥時間
5〜10℃ 23℃ 30℃
塗り重ね乾燥 8時間以上 4時間以上 3時間以上
・乾燥時間は目安です。使用量、通風、湿度、および素地の状態によって異なります。
水性ケンエースとの混合によるつや調整例
7分つや有り 5分つや有り 3分つや有り
水性ケンエースグロス:水性ケンエース(重量比) 90:10 80:20 60:40
やに止めレベルの目安

水性塗料のため、あらゆる条件でやにが止められる訳ではありません。以下の色相を目安に注意して施工してください。

(25-90D)

日本塗料工業会 色相見本*

ニッペ水性ケンエースグロスで止まるやには左の色相が目安です。ただし、施工条件(温度、下地の状態)などにより止まらない場合がありますので予めご了承願います。
左の色相見本より著しいやにが付着している場合は、シミ止めシーラーを塗装するか、しっかり水拭きをしてやにを除去してから施工してください。

*実際の日本塗料工業会の色相見本と比べて下さい。

標準塗装仕様
●改修塗装仕様(内・外壁面) ・やにの付着が認められる場合は、「やに止めレベルの目安」をご参照ください。
工程 塗料名 塗り回数 使用量
(kg/㎡/回)
塗り重ね乾燥時間
(23℃)
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
下地調整 活膜を残し劣化塗膜は入念に除去する。粉化物、ほこり、よごれを除去し、乾燥した清浄な面とする。
上塗り ニッペ
水性ケンエースグロス
2 0.13〜0.15 4時間以上 水道水 0〜10 はけ、ウールローラー
エアレススプレー
●新設塗装仕様(内・外壁面)
工程 塗料名 塗り回数 使用量
(kg/㎡/回)
塗り重ね乾燥時間
(23℃)
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
下地調整 ごみ、未硬化セメント粉末、砂じん、油脂分などの付着物をワイヤーブラシ、皮すき、サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。(含水率10%以下、pH9以下)
下塗り 水性カチオンシーラー
(ホワイト・透明)
1 0.10〜0.16 4時間以上 水道水 ホワイト0〜10
透明 無希釈
はけ、ウールローラー
0.12〜0.15 エアレススプレー
上塗り ニッペ
水性ケンエースグロス
2 0.13〜0.15 4時間以上 水道水 0〜10 はけ、ウールローラー
エアレススプレー
●鉄部改修塗装仕様(内・準外部)
工程 塗料名 塗り回数 使用量
(kg/㎡/回)
塗り重ね乾燥時間
(23℃)
希釈剤 希釈率
(%)
塗装方法
下地調整 膨れたり、割れたり、浮いている劣化塗膜、さび、付着物などの周辺をワイヤーブラシ、ケレン棒、電動工具などで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り 水性ハイポンプライマー 1 0.13〜0.16 4時間以上
7日以内
水道水 0〜5 はけ
ウールローラー
上塗り ニッペ
水性ケンエースグロス
2 0.13〜0.15 4時間以上 水道水 0〜10 はけ、ウールローラー
エアレススプレー
  • ★上記の各数値は、すべて標準のものです。被塗物の形状、素地の状態、気象条件、施工条件によりそれぞれ多少の幅を生じることがあります。
  • ★塗料の塗り重ねは所定の塗り重ね乾燥時間を守ってください。(縮み、割れ、乾燥不良、付着不良などが起こります)

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。



この製品に関するお問い合わせは、各営業所、あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。


ニューリリース・製品トピックス


下田通商株式会社 >>本社・営業所MAP >>お問い合わせ
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町5番7号  TEL 03(3661)3101 FAX 03(3661)3107