下田通商株式会社 SHIMODA TRADING CO.,LTD. お問い合わせ
HomeNews会社案内製品情報・取扱メーカー採用情報


News Release / Product Topics 2015年10月23日
≪新製品情報≫
菊水化学工業
「K's ロイヤルセレクション
 外壁用塗料」
新発売
菊水化学工業 K's ロイヤルセレクション外壁用塗料

その他の「外装用塗料」はこちら >>


発売日

2015年8月1日

水系1液反応硬化形シリコン樹脂塗料
K's ロイヤルシリコン[上塗材]
K's ロイヤルシリコン

はじめに
K'sロイヤルシリコンは、ロイヤルセレクション専用のアクリルシリコン系塗料として開発し、キクスイ独自のデンスシリカ処理技術と低汚染技術により従来の水系シリコン系塗料を超える耐候性を発揮します。
特長
  • 1.ワンランク上の優れた耐候性
  • 2.なめらかな作業性
  • 3.抜群の隠ぺい性
  • 4.美しい仕上り性
  • 5.防藻防かび性

用途

○一般建築物の内外装
○高耐候性・低汚染性が求められる箇所

光沢

艶有/半艶/3分艶/艶消し

組成

アクリルシリコン樹脂塗料

希釈

清水

荷姿

15kg/缶

所要量

37〜68m²/15kg
0.22〜0.40kg/m²

施工方法

ローラー塗り/吹付け/刷毛塗り

施工器具

ウールローラー/エアレススプレー/刷毛等

水系専用特殊弾性フィラー
K's ロイヤルフィラー[下塗材]
K's ロイヤルフィラー

はじめに
K'sロイヤルフィラーは塗材を軽くすることでローラー塗装の負担が軽減され、作業の効率化が期待できます。従来の微弾性フィラーよりも弾性力と付着性にも優れていますので幅広く使用できます。
特長
  • 1.抜群の塗装作業性
  • 2.飛散が少なく汚れにくい
  • 3.付着性に優れた幅広い下地適性
  • 4.滑らかな肌感と高い隠ぺい力

仕上げの形状

ゆず肌状/ゆず肌状(ローラー)

組成

アクリル樹脂仕上塗材

希釈

清水

上塗材

K'sロイヤルシリコン

荷姿

15kg/缶

所要量

【多孔質ローラー】17〜30m²/15kg
【多孔質ローラー】0.5〜0.9kg/m²

施工方法

ローラー塗り/吹付け

施工器具

多孔質ローラー・ウールローラー/リシンガン等

標準施工仕様

■下塗り:改修(モルタル、コンクリート、各種旧塗膜)

工程 材料・調合 施工用具・条件 塗回数 間隔時間
(23℃)
所要量
素地調整 ゴミ・未硬化セメント粉末、砂塵、油脂分などの付着物をワイヤーブラシ、かわすき、サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り ウールローラー K'sロイヤルフィラー
[主剤]15kg
[清水]0.7〜1.2ℓ
ウールローラー 1 4以上 33〜75m²/15kg
0.2〜0.45kg/m²
多孔質ローラー K'sロイヤルフィラー
[主剤]15kg
[清水]0.0〜0.8ℓ
多孔質ローラー 1 4以上 17〜30m²/15kg
0.5〜0.9kg/m²
スプレー K'sロイヤルフィラー
[主剤]15kg
[清水]0.5〜0.8ℓ
リシンガン
[口径]4〜6mm
[吹圧]0.5〜0.6MPa
1 4以上 17〜30m²/15kg
0.5〜0.9kg/m²
上塗り K'sロイヤルシリコン
[主剤]15kg
[清水]0.4〜0.8ℓ
ウールローラー
水性平刷毛
エアレススプレー
2 工程内
3以上
37〜68m²/15kg
0.22〜0.4kg/m²

(注1)

施工用具・条件は代表的なものです。

(注2)

間隔時間・所要量の値は標準な物です。施工方法・器具、被塗物の形状、素地の状態、施工条件により各々多少の幅を生じることがあります。

(注3)

所要量の確認は塗見本との比較または単位体積当たりの使用量で確認して下さい。

(注4)

既存塗膜の状態によっては下塗材が必要な場合があります。

(注5)

既存塗膜の脆弱部分は除去して下さい。

(注6)

パターンの欠損部は必要に応じて既存塗膜の主材でパターン合わせを行って下さい。

(注7)

既存塗膜の凹凸が激しい場合は凸部をカットして下さい。

対応下地
モルタル、コンクリート、ALC,アクリルシリコン、吹付タイル、その他旧塗膜
(高耐候形塗料や光触媒の下地の場合はご相談ください。)

サイディングボード用水系下塗材
K's ロイヤルサーフ[下塗材]
K's ロイヤルサーフ

はじめに
K'sロイヤルサーフは付着しにくいサイディングボードの塗替えに対して優れた付着性と上塗材のとまりや光沢感を引き出します。
特長
  • 1.優れた下地付着性があり各種ボードに対応します。
  • (光触媒・高耐候性塗料の場合はご相談下さい)
  • 2.抜群の塗装作業性
  • 3.滑らかな質感と高い隠蔽性力があります。

組成

アクリル樹脂下塗材

希釈

清水

荷姿

15kg/缶

所要量

【ウールローラー・ハケ】38〜75m²/15kg
【ウールローラー・ハケ】0.2〜0.4kg/m²

施工方法

ローラー塗り/吹付け

施工器具

ウールローラー/刷毛等

標準施工仕様

■下塗り:改修(窯業系サイディングボード)

工程 材料・調合 施工用具・条件 塗回数 間隔時間
(23℃)
所要量
素地調整 ゴミ・未硬化セメント粉末、砂塵、油脂分などの付着物をワイヤーブラシ、かわすき、サンドペーパー、ウエスなどで除去し、乾燥した清浄な面とする。
下塗り K'sロイヤルサーフ
[主剤]15kg
[清水]0.3〜0.8ℓ
ウールローラー
水性平刷毛
1 3以上 38〜75m²/15kg
0.2〜0.4kg/m²
上塗り K'sロイヤルシリコン
[主剤]15kg
[清水]0.4〜0.8ℓ
ウールローラー
水性平刷毛
エアレススプレー
2 工程内
3以上
37〜68m²/15kg
0.22〜0.4kg/m²

(注1)

施工用具・条件は代表的なものです。

(注2)

間隔時間・所要量の値は標準な物です。施工方法・器具、被塗物の形状、素地の状態、施工条件により各々多少の幅を生じることがあります。

(注3)

所要量の確認は塗見本との比較または単位体積当たりの使用量で確認して下さい。

(注4)

既存塗膜の状態によっては下塗材が必要な場合があります。

(注5)

既存塗膜の脆弱部分は除去して下さい。

(注6)

パターンの欠損部は必要に応じて既存塗膜の主材でパターン合わせを行って下さい。

(注7)

既存塗膜の凹凸が激しい場合は凸部をカットして下さい。

対応下地
サイディングボード(高耐候形塗料や光触媒の下地の場合はご相談ください。)

ご使用前にカタログ、仕様書、SDSの記載事項を必ずお読み下さい。



この製品に関するお問い合わせは、各営業所、あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。


ニューリリース・製品トピックス


下田通商株式会社 >>本社・営業所MAP >>お問い合わせ
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町5番7号  TEL 03(3661)3101 FAX 03(3661)3107