下田通商株式会社 SHIMODA TRADING CO.,LTD. お問い合わせ
HomeNews会社案内製品情報・取扱メーカー採用情報


News Release / Product Topics 2014年9月25日
≪新製品情報≫
アトミクス
金属系・窯業系
屋根用塗料
「メタセラシリコン」

新発売

アトミクス メタセラシリコンI
アトミクス メタセラシリコンII
「その他の屋根用塗料」はこちら >>

発売日 7月20日
特長 1. 仕上がり
緻密な高分子量の樹脂を採用しているため、ベタツキのない塗膜に仕上がり、防汚性に優れます。(写真1)
アトミクス メタセラシリコン写真1
2. 耐候性
塗膜は、紫外線により発生する活性酸素等によって劣化します。その紫外線をブロックする光安定剤ハルスを採用しているため、優れた耐候性を発揮します。(図1)
アトミクス メタセラシリコン図1
3. 遮熱性
遮熱メタセラシリコンは下塗り・中塗りに白色を使用せずに、遮熱色の2回塗りでJIS K5675屋根用高日射反射率塗料の規格値に入ります。
(メーカー試験・図2)
アトミクス メタセラシリコン図2
4. 工期短縮
ハイグレードのメタセラシリコンは、優れた付着性をもち、窯業系の旧塗膜の上に直接塗装できるので、工期短縮になります。
5. 下地を選ばない(適用下地/金属系・窯業系・旧塗膜OK)
下地の選択により、幅広い下地に対応できます。
6. 防カビ・防藻性
高い防カビ・防藻効力により、長期間屋根を美しく維持させることができます。
用途 ・金属系(鋼板屋根・トタン屋根・亜鉛鉄板・ガルバニウム鋼板)の屋根
・窯業系(新生瓦・プレスセメント瓦・波型スレート)の屋根
・鉄骨構造物等

内容量・荷姿・配合比・塗り面積

製品名 内容量(荷姿) 配合比(重量比) 塗り面積
(1缶または1セットあたり)
適用下地
下塗り材 アトムマイルド
シーラー浸透型
15kg/石油缶 93〜125m2/回 窯業系
アトムメタル
エポサビ
15kg/石油缶
4kg/丸缶
15kg:115〜136m2/回
4kg:30〜36m2/回
金属系
アトムエポガード
プライマー
15kgセット
主剤:12.5kg/石油缶
硬化剤:2.5kg/4L缶
主剤:硬化剤
5:1
75〜83m2/回
製品名 内容量(荷姿) 配合比(重量比) 塗り面積
(1缶または1セットあたり)
適用下地
上塗り材 メタセラシリコンI 15kg/石油缶 100〜136m2/回 金属系
または
窯業系
メタセラシリコンII 14kgセット
主剤:12kg/石油缶
硬化剤:2kg/2L缶
主剤:硬化剤
6:1
93〜127m2/回
遮熱メタセラシリコンI 15kg/石油缶 100〜136m2/回
遮熱メタセラシリコンII 14kgセット
主剤:12kg/石油缶
硬化剤:2kg/2L缶
主剤:硬化剤
6:1
93〜127m2/回
※塗装する下地により塗布量が異なるため、塗り面積が変わります。

標準施行仕様

<メタセラシリコンI・遮熱メタセラシリコンI>

窯業系
屋根
工程 製品名 希釈材 希釈率
(重量%)
湿布量
(kg/m2)
塗装間隔(23℃)
下地処理 (1)浮いた塗膜や付着が低下した旧塗膜を完全に取り除く。
(2)土やほこり、藻等を高圧水洗やデッキブラシ等で完全に取り除く。
(3)水洗により塗る面を清掃する。
(4)素地を十分に乾燥させる。(2日以上)
下塗り アトムマイルドシーラー
浸透型
塗料用シンナーA 0〜5 0.12〜0.16 3時間以上
中塗り メタセラシリコンI
または
遮熱メタセラシリコンI
塗料用シンナーA 5〜15 0.12〜0.15 3時間以上
上塗り メタセラシリコンI
または
遮熱メタセラシリコンI
塗料用シンナーA 5〜15 0.12〜0.15
※洋風瓦(モニエル瓦等)の塗装につきましては、当社までお問い合わせ下さい。
※いずれの工程もハケ・ローラー・スプレー塗装ができます。塗装する場合は、周囲への養生を十分に行って下さい。
※吸い込みの激しい場合、雪の多い所ではアトムマイルドシーラー浸透型の塗装回数を増やして下さい。
※塗布量は、希釈前の数値です。希釈後は希釈率に応じて塗布量を調整して下さい。
金属系
屋根
工程 製品名 希釈材 希釈率
(重量%)
湿布量
(kg/m2)
塗装間隔(23℃)
下地処理 (1)サビの発生している部分・剥がれている旧塗膜及びその周辺部分は、
ディスクサンダー等の電動工具と手工具を併用して除去する。
(2)高圧水洗(150kg/cm2以上)及びデッキブラシ等でゴミ・チョーキング等を取り除く。
(3)水洗後、素地を完全に乾燥させる。
下塗り アトムメタルエポサビ 塗料用シンナーA 0〜10 0.11〜0.13 2時間以上
中塗り メタセラシリコンI
または
遮熱メタセラシリコンI
塗料用シンナーA 5〜15 0.11〜0.13 3時間以上
上塗り メタセラシリコンI
または
遮熱メタセラシリコンI
塗料用シンナーA 5〜15 0.11〜0.13
※瀝青質塗料の旧塗膜がある場合は、当社までお問い合わせ下さい。
※塩ビ鋼板屋根の塗り替えには、使用しないで下さい。
※いすれの工程もハケ・ローラースプレー塗装ができます。塗装する場合は、周囲への養生を充分に行って下さい。
※塗布量は、希釈前の数値です。希釈後は希釈率に応じて塗布量を調整して下さい。

<メタセラシリコンII・遮熱メタセラシリコンII>

窯業系
屋根
工程 製品名 希釈材 希釈率
(重量%)
湿布量
(kg/m2)
塗装間隔(23℃)
下地処理 (1)浮いた塗膜や付着が低下した旧塗膜を完全に取り除く。
(2)土やほこり、藻等を高圧水洗やデッキブラシ等で完全に取り除く。
(3)水洗により塗る面を清掃する。
(4)素地を十分に乾燥させる。(2日以上)
下塗り メタセラシリコンII または
遮熱メタセラシリコンII
塗料用シンナーA 5〜15 0.12〜0.15 3時間以上
上塗り メタセラシリコンII または
遮熱メタセラシリコンII
塗料用シンナーA 5〜15 0.12〜0.15
※洋風瓦(モニエル瓦等)の塗装につきましては、当社までお問い合わせ下さい。
※いずれの工程もハケ・ローラー・スプレー塗装ができます。塗装する場合は、周囲への養生を十分に行って下さい。
※吸い込みの激しい場合、メタセラシリコンIIまたは遮熱メタセラシリコンIIを30〜40%希釈(重量%)して下塗りの前に塗装して下さい。
※塗布量は、希釈前の数値です。希釈後は希釈率に応じて塗布量を調整して下さい。
金属系
屋根
工程 製品名 希釈材 希釈率
(重量%)
湿布量
(kg/m2)
塗装間隔(23℃)
下地処理 (1)サビの発生している部分・剥がれている旧塗膜及びその周辺部分は、
ディスクサンダー等の電動工具と手工具を併用して除去する。
(2)高圧水洗(150kg/cm2以上)及びデッキブラシ等でゴミ・チョーキング等を取り除く。
(3)水洗後、素地を完全に乾燥させる。
下塗り アトムエポガードプライマー 合成シンナーNo.50 0〜5 0.18〜0.20 16時間以上
中塗り メタセラシリコンII または
遮熱メタセラシリコンII
塗料用シンナーA 5〜15 0.11〜0.13 3時間以上
上塗り メタセラシリコンII または
遮熱メタセラシリコンII
塗料用シンナーA 5〜15 0.11〜0.13
※瀝青質塗料の旧塗膜がある場合は、当社までお問い合わせ下さい。
※塩ビ鋼板屋根の塗り替えには、使用しないで下さい。
※いすれの工程もハケ・ローラースプレー塗装ができます。塗装する場合は、周囲への養生を充分に行って下さい。
※塗布量は、希釈前の数値です。希釈後は希釈率に応じて塗布量を調整して下さい。


この製品に関するお問い合わせは、各営業所、あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。


ニューリリース・製品トピックス


下田通商株式会社 >>本社・営業所MAP >>お問い合わせ
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町5番7号  TEL 03(3661)3101 FAX 03(3661)3107