下田通商株式会社 SHIMODA TRADING CO.,LTD. お問い合わせ
HomeNews会社案内製品情報・取扱メーカー採用情報


News Release / Product Topics 2012年12月3日
《新製品情報》
大阪ガスケミカル
高耐久性木材保護塗料
「キシラデコール コンゾラン」
(水性・造膜タイプ)新発売
大阪ガスケミカル 高耐久性木材保護塗料「キシラデコール コンゾラン」(水性・造膜タイプ)新発売

発売日   12月3日
   
コンゾラン塗布前 コンゾラン塗布後 コンゾラン塗布8年後
コンゾラン塗布前 コンゾラン塗布直後 コンゾラン塗布8年後
特長  
塗膜が長持ち
  塗膜を形成し木材を守る造膜系塗料は、雨や日光の影響により、通常、ワレやハガレが数年で劣化してしまいます。そこで、キシラデコールコンゾランは塗膜の質を徹底的に追求。ワレやハガレが生じにくい塗料を実現しました。

〜優れた伸縮性〜
木材は気温や湿度によりわずかに伸縮します。それに柔軟に対応できる伸縮性を塗膜に持たせました。
優れた伸縮性

〜優れた通気性〜
塗膜に通気性を持たせました。木材中の余分な水分を水蒸気として外に逃し、ムレにくくします。
優れた通気性

〜優れた密着性〜
塗膜の密着性を高めました。木の表面にしっかりと食い込むため、フクレが起きにくい塗膜を形成します。
優れた密着性

防腐・防カビ・防虫効果
  キシラデコールと同様に、防腐・防カビ・防虫剤を添加。
JASS18M-307規格にも適合しています。
防腐・防カビ・防虫効果
防カビ試験
【方法】(社)日本木材保存協会規格 第2号 1992 木材用防カビ効力試験方法を参考に試験を実施。
2×5cmのブナ木片に130g/m2のコンゾランを塗装。それらと無処理木片を滅菌し、有機寒天培地に乗せ、下記の3種混合菌を吹き付けて、26℃で10日間培養。
使用した菌:Cladosporium cladosporioides, Aureobasidium pullulans, Chaetomium globosum

基本カラー18色
  木の風合いを活かす豊富なナチュラルカラー。赤やグリーンを調色用に取り揃えた18色のバリエーション。2色以上混合してお好みの色を作ることも可能です。
#502ピニー #503チーク #505カスタニ #506タンネングリーン
#502
ピニー
#503
チーク
#505
カスタニ
#506
タンネングリーン
#507マホガニ #508パリサンダ #509シルバグレイ #510オリーブ
#507
マホガニ
#508
パリサンダ
#509
シルバグレイ
#510
オリーブ
#511ウォルナット #512ジェットブラック #514ワイス #515スプルース
#511
ウォルナット
#512
ジェットブラック
#514
ワイス
#515
スプルース
#550ブリリアントイエロー #551レッド #552ブルー #553グリーン
#550
ブリリアントイエロー
#551
レッド
#552
ブルー
#553
グリーン
#554ライトアイボリー #555ダークブラウン
#554
ライトアイボリー
#555
ダークブラウン
※この色見本は実物と異なります。詳しくは塗装見本をご参照ください。

個人別荘(熊本県小国町) 宇和米博物館(愛媛県西予市)
■個人別荘(熊本県小国町)

■宇和米博物館(愛媛県西予市)

個人宅(北海道当別町) 和太鼓「鼓動」稽古場(新潟県佐渡市)
■個人宅(北海道当別町)

■和太鼓「鼓動」稽古場(新潟県佐渡市)

福崎町立神崎郡歴史民俗資料館(兵庫県福崎町) 宇和米博物館(愛媛県西予市)
■福崎町立神崎郡歴史民俗資料館
 (兵庫県福崎町)

■宝蔵寺(山形県鶴岡市)

福崎町立神崎郡歴史民俗資料館(兵庫県福崎市) 宇和米博物館(愛媛県西予市) 福崎町立神崎郡歴史民俗資料館(兵庫県福崎市) 宇和米博物館(愛媛県西予市)
■漢那宮鳥居
(沖縄県宜野座)

■五稜郭
(北海道函館市)

■優駿スタリオン
ステーション
(北海道新冠町)

■遺愛幼稚園
(北海道函館市)

用途   屋外木部用/外壁、羽目板、下見板、戸袋、窓枠、窓格子、破風、ラティス、ウッドプランター、ログハウス、木橋 等
※人が歩行する面や摩擦が生じる面では塗膜が剥がれる恐れがありますので使用しないで下さい。
【塗装仕様例】
素地・下地処理の方法
塗装面の状態 材料・用具 処理方法 備 考
新しい木材 ・サンドペーパー
・ブラシ
・ボロ布
ごみ、ほこりなどを除去する。
表面が平滑な場合はサンディングなどで目荒しをする。
  • 木材の含水率
    針葉樹材25%以下
    広葉樹材20%以下
  • スチールブラシは
    鉄汚染の原因となる
    ため使用不可。
  • 止め釘の頭は
    サビ止めをする。
  • 水洗後は十分に
    乾燥させたのち、
    毛羽を取る。
ヤニや油分の
多い木材
・ラッカー
  シンナー
・アルコール
表面のヤニや油分を拭き取る。
キシラデコール
塗装面
・サンドペーパー
 ブラシ、ボロ布
 皮スキ
・漂白剤
 塗膜剥離剤
 後水洗
・低圧または
 高圧洗浄
 (上記は必要に
 応じ実施)
ごみ、ほこり、カビ、藻などを除去する。
キシラデコール
コンゾラン塗装面
脆弱な塗膜(ふくれ・はがれ)や木地の劣化部位は除去し、活膜の表面は目荒しする。
他の塗料塗装面 旧塗膜を全面除去する。

標準塗装仕様
工 程 塗 料 使用方法 標準使用量 塗り重ね
乾燥時間
下塗り

上塗り
キシラデコール
コンゾラン
(#502〜#515)
(#550〜#555)
ハケ又は
ローラー塗り
(2回塗り)
0.15〜0.25kg/m2
(4.0〜6.6m2/kg)
(2回塗りの合計量)
1〜2時間
気温20℃/温度65%

造膜タイプ塗装面の塗替え時注意
(1) キシラデコールコンゾラン塗装面の塗り替えの場合
標準塗装仕様通り塗装した場合、5年を目安に塗り替えを行ってください。
ただし、建物がたっている土地の自然地理的条件、特に気候と地形によって塗り替え時期は異なってきます。
旧塗膜の汚れ(ほこり・ゴミ、カビ、コケ等の汚れ)を除去し、上からキシラデコールコンゾランを2回塗りして下さい。
浮き塗膜がある場合は除去してから塗装してください。活膜も目荒らしをしてから塗装してください。
(2) キシラデコールコンゾラン以外の塗装面の塗り替えの場合
キシラデコールコンゾラン以外の旧塗膜を残したままキシラデコールコンゾランを塗装すると、ワレ、剥がれ等の原因となることがあります。塗膜はサンダーや皮スキなどで完全に削り落し、清掃後新設と同様の仕様で塗装してください。カビの発生している箇所は除カビ、及び殺菌してよく水洗いした後、十分乾燥させてから2回塗りしてください。
やむをえず全ての旧塗膜を除去しきれなかった場合
塗膜の除去作業後、やむを得ず旧塗膜が残った場合は、キシラデコールコンゾランの密着性を向上させるため粗めのペーパーで目荒らししてから塗装してください。旧塗膜との密着性を確認するため、試し塗りを行ってください。


ご使用前にカタログ、仕様書、MSDSの記載事項を必ずお読み下さい。


この製品に関するお問い合わせは、各営業所、あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。


ニューリリース・製品トピックス


下田通商株式会社 >>本社・営業所MAP >>お問い合わせ
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町5番7号  TEL 03(3661)3101 FAX 03(3661)3107