下田通商株式会社 SHIMODA TRADING CO.,LTD. お問い合わせ
HomeNews会社案内製品情報・取扱メーカー採用情報


News Release / Product Topics 2012年2月27日
《新製品情報》
アトミクス
屋内用ラインの決定版
「水性ハードラインW-200」新発売
アトミクス 屋内用ラインの決定版「水性ハードラインW-200」新発売
「その他の舗装用・ライン用塗料」
はこちら>>

発売日   2月1日
はじめに   水性ハードラインW-200は、安全性や耐汚染性に優れた水性塗料です。
常温乾燥タイプで、塗装しやすく、床面との付着性・耐久性にも優れており、屋内ライン用塗料に最適です。
耐汚染性比較(室内暴露)
特長  
耐汚染性に優れる
  従来のライン用塗料と比べ、屋内での耐汚染性に優れています。
水性タイプで良好な作業性
  水性タイプなので溶剤型塗料特有の臭いや火気の心配もなく、ローラーで簡単に塗装できます。
安全性
  塗料に鉛化合物を含んでおりませんので、周囲の環境を汚染しません。
速乾性
  乾燥が速く、塗装後約40分で車輌の通行が可能です。(気温23℃・湿度50%の場合)
優れた耐久性
  ひび割れ、はがれを起こしにくく耐摩耗にも優れています。
用途   アスファルト面・コンクリート面用
1.工場内等の通行区分ライン
2.倉庫・店舗内の在庫区分ライン
3.その他、屋内用のライン
(ニ液型のエポキシやアクリルウレタン系塗料などの塗膜上には、直接は付着しません)
標準色   白・黄(道路標示黄色 日塗工 F15-60V近似色)・つや消し
内容量
(荷姿)
  4kg(丸缶/白印刷缶)、16kg(石油缶/印刷缶)
塗り面積   4kg:15cm幅のラインで40〜90m/2回
16kg:15cm幅のラインで170〜360m/2回
※4kgはケース単位での販売となります(1ケース4缶入り)
<コンクリート面用シーラー>
ベストシーラーK(水性カチオン型シーラー)
4kg:15cm幅のラインで170〜260m/1回
16kg:15cm幅のラインで700〜1000m/1回


【塗装仕様】
■アスファルト面
工程
塗装方法
稀釈率
(重量%)
塗布量
(kg/平方メートル)
塗装間隔
(23℃)
1 素地調整 泥や砂、ゴミ、油等をきれいに除去する。素地を充分に乾燥させる。



2 下塗り 基準線に沿って布粘着テープでマスキングし、水性ハードラインW-200をローラーにたっぷりつけて塗る。 0.20〜0.40 40分
3 上塗り 2.下塗りに準じる。(塗料を含ませる量は、1回目より少なめにしてください) 0.10〜0.20
※新設のアスファルト面における注意事項
転圧の際に油を多く使った場合、塗料の付着が悪くなりますので、中性洗剤で除去し、水洗いした後、完全に乾かしてください。

■コンクリート面
工程
塗装方法
稀釈率
(重量%)
塗布量
(kg/平方メートル)
塗装間隔
(23℃)
1 素地調整 泥や砂、ゴミ、油等をきれいに除去する。レイタンス等の脆弱層は削り取り、素地を充分に乾燥させる。



2 下塗り 基準線に沿って布粘着テープでマスキングし、ベストシーラーKをローラー塗装する。 0.10〜0.15 3時間
3 中塗り 基準線に沿って布粘着テープでマスキングし、水性ハードラインW-200をローラーにたっぷりつけて塗る。 0.20〜0.40 40分
4 上塗り 3.中塗りに準じる。(塗料を含ませる量は、1回目より少なめにしてください) 0.10〜0.20
※1.コンクリート面には、必ずベストシーラーKを下塗りしてから塗装してください。
※2.ベストシーラーKはカチオン型の塗料です。他の塗料と混合しますと塗料がゲル化する恐れがありますので、絶対に混合しないでください。
※3.ベストシーラーKに使用する塗装用具は、他の塗料が残っていないものを使用し、使用後は充分に洗浄してください。
※新設のコンクリート面における注意事項
新しいコンクリートは、打設後1ヶ月以上の養生期間をとり、#60程度のサンドペーバーで表面のエフロ、レイタンス等の脆弱層を削ってください。



ご使用前にカタログ、仕様書、MSDSの記載事項を必ずお読み下さい。


この製品に関するお問い合わせは、各営業所、あるいはお問い合わせフォームをご利用ください。


ニューリリース・製品トピックス


下田通商株式会社 >>本社・営業所MAP >>お問い合わせ
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町5番7号  TEL 03(3661)3101 FAX 03(3661)3107